Home > JGRADからのお知らせ > 2018年1月15日

2018年1月15日

アクティベート時におけるループ状態の処理について

JGRADへのご参加誠にありがとうございます。
またご協力の数々、心より御礼申し上げます。

アクティベート処理時にループ状態になる報告が寄せられております。
Windows10についております、Edgeでは、アクティベート処理がうまくいかない場合があります。もしEdgeを利用されておりましたらInternet ExplorerもしくはChromeか、FireFoxで試して下さい。

※Macユーザの方へ:JGRADのベースシステムであるNetCommonsでは、MacOSX以降のMac上のFirefox2.0以降では正常に動作します。Safariの最新版でも「ほぼ」動作しますが、WYSIWYGエディタの機能等いくつか使えないものが存在します。Firefox最新版をインストールしてお使いいただくことをお勧めします。
<netCommons電子マニュアルより>
 

またChromeの場合プラグイン(拡張機能)が処理上、ブロックしている場合があるとのご指摘も伺っております。

 

Chromeをご利用の場合、一度、拡張機能がすべて無効で起動できる

「プライベートブラウジング」

(https://support.google.com/chrome/answer/95464?hl=ja&vid=0-480215917023-1503973314659)

で操作できるか試してください。

 

それでもなお、アクティベート処理ができない場合は、JGRAD運用事務局で代行致しますので、博士IDとご登録予定のメールアドレスを「お問い合わせ」より送信下さい。

 
アクティベート代行の場合は、メールアドレスとお名前を入れた状態で、
お知らせ致します。

ログインIDとパスワードの変更はありません。
ログイン後基本情報と在籍時情報を修正して下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

JGRAD運用事務局